towadamaru7のブログ(十和田丸のブログ)

アクセスカウンタ

zoom RSS 青函連絡船の思い出と我が人生航路 427

<<   作成日時 : 2017/08/06 11:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

      航海に通じる


内閣改造が行われ再スタートに、国民のひとりとして無事な航海を願いたい。


船は大きな原因による事故もあるが、小さな事が積み重なったものは、的が絞り難く対応も困難な場合がある。「ちりも積もれば山となる」かえって始末が悪い。


航海で順調に行く時は、すべてうまく運び、ひとたびつまずけば、なかなか元に戻すことさえ難しい。これは船に留まらず、人生航路(行路)も似ていると、例をあげ続けてきた。

画像



この傾向は政治経済や国交から、スポーツそして勝負事など広く繋がるだろう。過信や油断は禁物で、順風満帆の時こそ注意がいるのだろう。


安全な運航が保たれるのは、船長の手柄ではなく、部下の乗組員の忠誠と、バックアップあって位の気持が要る。船長の権限と義務は歴然としているが、リーダーシップとはき違えてはならない。


画像



船長が技量や人格で疑いをもたれては、全船を指揮するのも難しい。まして人に関わるならば、機関長や一等航海士など、主要メンバーに変更がなければ、いくら優秀な二等航海士や、二等機関士を迎えても、画期的な改善も期待できないだろう。


青函連絡船では国内最大の海難事故より、「ノーモア洞爺丸」を教訓に事故防止が図られた。また種々の訓練や、総点検の実施で、常に注意喚起を繰返し、全員が最後まで安全運航に努めてきた。


事故が発生した時には、事故防止委員会が開催され、徹底的に原因を究明のうえ、対策を立て事故を防いだ。はっきりした原因よりも、積み重なった方に難しいケースがあった。臭い物に蓋をすると、根本的な解決にならず、その付けは大きいだろう。


ニッポン丸とて相通ずるだろうし、さらに人心という尊厳は大きく、自然相手の一般船舶を超えるものだろう。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
改造内閣がスタートした途端に、不協和音がでていますね、それも派閥の論理による人選だったようで、 towadamaru7さんの「ニッポン丸とて相通ずるだろうし、・・・」と云われる様に運用して欲しいものです。
mukasinohito
2017/08/14 22:25
何事も考えるよりも、現実は難しいのでしょうか。
ニッポン丸ほど巨大組織は、広い分野ですから、よけいに大変でしょうね。
towadamaru7
2017/08/15 22:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
  • 占い&お楽…
  • 青函連絡船の思い出と我が人生航路 427 towadamaru7のブログ(十和田丸のブログ)/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる