青函連絡船の思い出と我が人生航路 517


画像

          青函連絡船 十和田丸




     ここまで落ちた




また免震装置の不正が発覚し、社会的な大問題になっている。真面目な民族として、知られる日本で相次いで発生している。


原発事故から始まり、自動車メーカーの相次ぐ検査不正、厚労省のでたらめな働き方データ、さらに障がい者の水増しなど、日常茶飯事となっている。お偉い方々が長く頭を下げる姿は、挨拶代わりぐらいにしか映らない。



何をおいても森友関連の、財務省による公文書改ざんは、国を揺るがすような悪質で、信じられない不祥事である。国(行政)も悪いことしているから、みんなでやれば怖くない雰囲気が、蔓延すればとんでもないことになる。



これらを見ていると外国には悪いが、よその国でないかと疑う。ひとつにお金のためなら、何でもやる前提なのだろうか?今回の免震事件は納期に間に合わないとあるが、結局コストにつながり同じことであろう。


しかし免震装置の部品が不良となれば、非常に悪質で修復に困難を極め、人心の不安が募りかねないだろう。とても担当者段階とは考え難く、トップか準ずる地位の責任と言える。


現在はまれにみる好景気と言われるが、実感する人々はほとんど居ないだろう。大会社の収益は大きいが、末端まで回っていないせいもある。




画像

          青函連絡船船長サインカードより






自分さえよければ、下請け孫請け系列の端まで分配を考えないのは、経営者のモラルもあるのだろう。不正問題と全く無関係ではないと思われる。



時代錯誤と笑われるかもしれないが、松下電器創業の松下幸之助会長の、経営の理念は無関係でないと思われる。



謝罪のふりさえすれば、何をやってもよい流れになれば、世のなか何を信じて良いか分からなくなる。しいては国際的にも信用を落とし、国力の低下にもつながる。



これらは一般の素人として考えるが、庶民の考えこそバロメータになる事が多い。かかわりの深い船舶では、とても他人を信用できない状況では、仕事にならないからおよそ考えられない。



特に船に限るわけでないが、責任が明確な職種から見れば、上記の例はもちろん、政治家や官僚の責任の取り方の、あいまいさは違和感が多い。



船員は一般にばか正直といわれるほど、責任に関して対応しているから、反対の場合を見つけようとしても、なかなか適当な例が見当たらない。



航行区域などにより異なるが、救命ボートや救命いかだには、長く生きられるように、必要な備品が前もって搭載されている。飲料水、食料から始まり非常用で、必要最小限度と考えればよい。




画像

          青函連絡船の救命いかだ




変わったものでは釣り道具や、生存指導書がある。周りが海なので魚を釣り、少ない食糧の一助にする。ともすれば望みが消えそうな時に、必ず救助は来ると精神的な応援が強い。



これを乗組員が抜出し食べていたら、もしもの時に脱出できても、大変なことになる。因みに非常食はあまり美味いものではない。有効期限を過ぎ破棄するものを、参考のため船員が試食することがあった。



非常時の退船は、まずお客さま優先は当然で、続いて海員そして最後に船長ということになる。何処かの国の旅客船で船長が、いの一番に逃げ出した例もあったし、救命ボートの食糧を抜いた話も皆無ではないが、少なくとも日本の船では考えられないことである。



また荷物を吊上げる場合に、ワイヤーロープなども一般に破断力の、6分の一を安全使用力として、十分に安全を考慮していた。とにかく吊上げて切れなければ、ギリギリまで使うのは危険であるが、それに近い事があってもいけない。



船と船が衝突の恐れがあるのに、相手が避けてくれるだろうと、そのまま突っ込むのは自殺行為に等しく、極めつけかも知れない。こんな極端なことは無いが、昨今は気がかりな点もある。



本州と屋代島(周防大島町)を結ぶ大島大橋に、船のマストがぶつかり、かなり影響が出ているニュースを見たが、やはり信じ難い事故があるものだ。前にも書いたが外航時代に五大湖航路で、橋の下とマストのクリアランスが微妙で、入渠中に実測したのを思い出した。



不正問題から飛び過ぎたが、今回のように多方面に拡散の恐れがあれば、それこそ政・官・業・三位一体で対応も難しくないが、改ざんや口利き癒着などマイナス志向は良くない。



青函連絡船は国鉄職場の内では、モラルも高かったし、少数精鋭的な不正など縁遠かったから、昨今の諸問題に腹立たしく注目している。







この記事へのコメント

mukasinohito
2018年10月31日 22:43
本当に最近いや、もっと長いスパンですかね「towadamaru7」の云われる様に、大企業の不正や隠蔽が明るみに出てきて、偉いさんが頭を下げて謝罪している、場面を多々見受けられて心が萎えますね。官民共々新たな決意で不祥事を無くして欲しいです。
towadamaru7
2018年11月03日 00:18
本当に大企業の社長さんなどは、それなりに立派な方々と思われます。
それでも企業の立場になると、歯車の一部になられるのでしょうか。?
あるいは当事者能力を無くされているのかわかりませんが、あまりにひどいと感じます。
全体にばれなければ、いいと言う雰囲気は怖いですね。

少し違いますが、航空機のパイロットの、飲酒とか社会がおかしくなっているのでしょうか?

この記事へのトラックバック