青函連絡船の思い出と我が人生航路 638

十和田丸船長ははるかに遠い 梅雨のあけるこの季節になると、変化が大きくいろいろ頭をかけめぐる。青函連絡船へ移籍して、函館の第一歩からの年月は、数えきれないほどである。 青函トンネルの開通により、青函連絡船が廃止になり、十和田丸船長を最後に船から去った。年齢も若く余力を残し、船乗りから足を洗う結果となった。 …
コメント:2

続きを読むread more

青函連絡船の思い出と我が人生航路 637

  本業を 海技従事者にとり必需品は、まず海技免状かも知れない。いわゆる商売道具であり、これが無ければ仕事ができない。 いくら優秀な成績で学業を終えても、この国家試験に合格して、免状をもらわなければ、スタートラインに立てない。 在学中の成績はあまり芳しくなかったが、国家試験こ…
コメント:4

続きを読むread more

青函連絡船の思い出と我が人生航路 636

忘れたころに 日本最大の豪華客船「飛鳥Ⅱ」の火災事故から、まだ1週間足らずであるが、他に大きなニュースが多く、つい頭の中から消えそうである。 午後のゴールデンタイムに、各テレビ局は競って生中継した。横浜港大桟橋ふ頭で、郵船クルーズ客船ということに、いろいろなイメージが重なり合った。 夜のNHKニュースで…
コメント:2

続きを読むread more

青函連絡船の思い出と我が人生航路 635

私の履歴書2 と続きたいところであるが、紙面を埋められるほどの功績も無ければ、とてもネットに耐えられるほど何もない。 コロナに関わるこの時期なので、法事を控える施主は適切であるが、生母の墓参りぐらいしなければと、梅雨の合間に田舎の島を訪れた。 これまでも古里の島の様子には触れたが…
コメント:2

続きを読むread more

青函連絡船の思い出と我が人生航路 634

警報 緊急事態宣言も解除されたが、大手をふり自由にできるわけでなく、むしろ自己の行動に迷いが多い現状である。 首都東京は独自のアラートに、都道府県や地域により、基準や対応も異なるようである。 警報発令の判断はむつかしく、解除のタイミングはさらに困難であろう。 青函連絡船の運航当…
コメント:2

続きを読むread more

青函連絡船の思い出と我が人生航路 633

今や新型コロナウイルスで、世の中が大変な状況になっている。早く明るい方向へ向かうことも願い、少し別のことに目を向ける。 車の社会でコロナと云えば、トヨペットコロナを示すほどに、日産自動車のダットサンブルーバードとライバル関係にあり、ともに日本のモータリゼーションをけん引してき…
コメント:2

続きを読むread more