テーマ:手紙

青函連絡船の思い出と我が人生航路 572

      手紙 ネット社会の現在からは、およそ考えられないかも知れないが、むかし外国航路の船員は、手紙ぐらいしか連絡手段がないと、言っても過言ではなかった。 それだけ手紙にかける愛着と、期待は大きかった。長い航海を終え外国の港へ、着いたときに受け取るものには、誰しも格別な思いがあるようだった…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more