テーマ:総トン数

青函連絡船の思い出と我が人生航路 565

        あじさい(墨田の花火)       青函連絡船の体重 青函連絡船の総トン数は、建造当時の約8300トンから、終航時は約5400トンに変わっていた。これは法律等の改正により、基準すなわち物差しが変更になったもので、船が改造されたわけではなかった。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

青函連絡船の思い出10

青函連絡船の要目はよく知られているが、見えない部分を身体検査してみよう。建造当時総トン数が約8300トンだったが終航の頃は約5400トンとなっていた。これは船舶法や積量の測度(トン数)の規則が変更された為で何ら手を加えられたわけではない。 同じ基本設計で造られた連絡船がそれぞれ異なるのは実際に各区画を測定、容積を積算し立方メートル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more