青函連絡船の思い出と我が人生航路 639

相思相愛 相思相愛というほどでもないが、いい関係にあった商船三井から、青函連絡船に移るにあたり、いろいろこだわりもあった。 いっそ喧嘩別れならば気を使わないが、応援し送り出されると、会社の名を汚せてはならない考えが強かった。個人であり考える必要はないが、ついつい名門の会社が重荷になった。 …
コメント:0

続きを読むread more

青函連絡船の思い出と我が人生航路 638

十和田丸船長ははるかに遠い 梅雨のあけるこの季節になると、変化が大きくいろいろ頭をかけめぐる。青函連絡船へ移籍して、函館の第一歩からの年月は、数えきれないほどである。 青函トンネルの開通により、青函連絡船が廃止になり、十和田丸船長を最後に船から去った。年齢も若く余力を残し、船乗りから足を洗う結果となった。 …
コメント:2

続きを読むread more

青函連絡船の思い出と我が人生航路 637

  本業を 海技従事者にとり必需品は、まず海技免状かも知れない。いわゆる商売道具であり、これが無ければ仕事ができない。 いくら優秀な成績で学業を終えても、この国家試験に合格して、免状をもらわなければ、スタートラインに立てない。 在学中の成績はあまり芳しくなかったが、国家試験こ…
コメント:4

続きを読むread more

青函連絡船の思い出と我が人生航路 636

忘れたころに 日本最大の豪華客船「飛鳥Ⅱ」の火災事故から、まだ1週間足らずであるが、他に大きなニュースが多く、つい頭の中から消えそうである。 午後のゴールデンタイムに、各テレビ局は競って生中継した。横浜港大桟橋ふ頭で、郵船クルーズ客船ということに、いろいろなイメージが重なり合った。 夜のNHKニュースで…
コメント:2

続きを読むread more

青函連絡船の思い出と我が人生航路 635

私の履歴書2 と続きたいところであるが、紙面を埋められるほどの功績も無ければ、とてもネットに耐えられるほど何もない。 コロナに関わるこの時期なので、法事を控える施主は適切であるが、生母の墓参りぐらいしなければと、梅雨の合間に田舎の島を訪れた。 これまでも古里の島の様子には触れたが…
コメント:2

続きを読むread more

青函連絡船の思い出と我が人生航路 634

警報 緊急事態宣言も解除されたが、大手をふり自由にできるわけでなく、むしろ自己の行動に迷いが多い現状である。 首都東京は独自のアラートに、都道府県や地域により、基準や対応も異なるようである。 警報発令の判断はむつかしく、解除のタイミングはさらに困難であろう。 青函連絡船の運航当…
コメント:2

続きを読むread more

青函連絡船の思い出と我が人生航路 633

今や新型コロナウイルスで、世の中が大変な状況になっている。早く明るい方向へ向かうことも願い、少し別のことに目を向ける。 車の社会でコロナと云えば、トヨペットコロナを示すほどに、日産自動車のダットサンブルーバードとライバル関係にあり、ともに日本のモータリゼーションをけん引してき…
コメント:2

続きを読むread more

青函連絡船の思い出と我が人生航路 632

緊急事態宣言が解除されたが、一気に状況が変わるほど単純ではなく、首相の記者会見もあったが、目新しい心に響くものもなかった。 何をしてもやらなくても批判される立場で、当然とはいえ激務をこなし、頑張る姿だけは良し悪しを超え立派である。 実行できないことや功績…
コメント:2

続きを読むread more

青函連絡船の思い出と我が人生航路 631

私の履歴書 船乗りは特別な職業ではないが、世間一般から見れば、乖離が大きいかも知れない。 船員が多い地域で生まれ育ち、先祖は何代にもわたり船乗り、親せきや周囲も同じ道をたどる人が多かった。 血統とかDNAは関係ないだろうが、非常に近いポジションにあり、なるべくして船に足をかけたと…
コメント:2

続きを読むread more

青函連絡船の思い出と我が人生航路 630

        函館港と青函連絡船(函館パンフレッドより) 青函連絡船沈没のナゾ 通学する中学校の掲示板に、子供新聞が貼られ、青函連絡船洞爺丸の沈没が、生々しく掲載されていた。 子供なので深い意味は理解できないが、大ごとであることは想像できた。 船員の道に進み外…
コメント:2

続きを読むread more

青函連絡船の思い出と我が人生航路 629

 木香バラとはごろもジャスミン(やがて白色に衣替え) まがりかど さほど急ぐ用事がなければ、およそ8割の外出自粛は守っている。ゆっくり考える時間もあったが、何事もさっぱり進まない。 大まかに振り返ると、青函連絡船も昭和時代こそ主役にもなったが、平成の時代は記憶から薄れ、令和を迎えた今は歴史の一部…
コメント:2

続きを読むread more

青函連絡船の思い出と我が人生航路 628

     シラン    人生航路の変針点 厳しいゴールデンウイークとなったが、あらためて恐ろしい現実を見せつけられた。この度はウイルス感染であるが、大地震はじめ自然災害もあるだろう。 世の中がうまく回っている時に、突然やってくるのは歴史の巡りあわせで、人生における運命そのものかも知れない…
コメント:2

続きを読むread more

青函連絡船の思い出と我が人生航路 627

三密も ゴールデンウイークとは名ばかり、おおかたストレスと無力感で、手詰まり状態と思われる。 外へ向け活動するこの時期に、家にこもっているのも楽でない。コロナウイルス感染の拡大を防ぐには、外出を8割控えるしかないと、言われればやむを得ない。 クルーズなど船舶に関わる事例も、国内だけでなく…
コメント:2

続きを読むread more

青函連絡船の思い出と我が人生航路 626

オフィサー(航海士)もいろいろ 職業は船員であったが、ときに航海士と言うことがあるのは、何かイメージを描いていたせいかも知れない。 青函連絡船の終わり頃には、8隻まで減り人員も少なくなった。13隻体制のころは船長と、航海士を合わせると、150人を超え在籍していたと思う。 外国航路に乗船中…
コメント:2

続きを読むread more

青函連絡船の思い出と我が人生航路 625

最低7割 極力8割 女優の岡江久美子さんがコロナ感染で、亡くなられた報道に驚き、あらためてコロナの恐ろしさを感じた。 自分たちのできることは、なるべく外出を減らせ、マスク着用と手洗い励行などである。 まさか今を予測したわけでないが、インフルエンザやノロウイルスの流行もあり、10年以上も前から…
コメント:2

続きを読むread more

青函連絡船の思い出と我が人生航路 624

    ハリストス正教会と八甲田丸 八甲田丸 外出の自粛が求められる昨今、それぞれ立場は異なっても、生活のリズムがつかみ難く、苦慮される場合が多いだろう。 青函連絡船が放映されていると、同級生から電話をもらった。チャンネルを替えると八甲田丸が映り、今やおなじみとなる元機関長の姿があった。 …
コメント:2

続きを読むread more

青函連絡船の思い出と我が人生航路 623

函館船員区 これまで何度か取り上げてきたが、青函局(青函船舶管理局)の現業機関のひとつである。陸上で云えば函館駅、函館運転所、函館保線区等々の主要現場に比べ、勝るとも劣らない規模であった。 船舶部門は津軽丸、八甲田丸、・・・・と連絡船単位の現場で構成され、それぞれの乗組(首席)船長が現場長を務めた…
コメント:2

続きを読むread more

青函連絡船の思い出と我が人生航路 622

緊急時の人間関係 コロナウイルスに関わるニュースに明け暮れる日々である。中でも第一線で頑張られる医療関係の方々に、感謝と頭の下がる思いである。 国の最高責任者の心労は、責任の重さから我々の計り知れないものだろう。 見えない敵とのグローバルな戦いは、テレビの解説ぐらいしか知らず、つい自分の…
コメント:2

続きを読むread more

青函連絡船の思い出と我が人生航路 621

総員退船できない? 新型コロナウイルスの感染拡大で、世界的な危機に陥っている。今や大日本丸船長でもある首相の、心労の大きさに敬意を表し、的確かつ迅速な判断による対応を願うばかりである。 国民の命を助けるか否か、すべて船長の双肩にかかると、言っても過言ではないだろう。一般船舶と異なり、救助を…
コメント:2

続きを読むread more

青函連絡船の思い出と我が人生航路 620

貴重なアドバイスを大切にしたい いつ頃だったかコミカルに描く作家の、小説に興味を持ち読んだ時期があった。内容はよく覚えていないが、神仏の信仰のことがかすかに記憶に残る。 江戸時代に拝んでいいものから、怪しいものまで小さなホコラが点在した。若い侍の一人は良い祠を参拝し、歴史上に名を残す人となったが、友は…
コメント:4

続きを読むread more