青函連絡船の思い出と我が人生航路 348




     生き字引



青函連絡船の運航を支えるため、いろいろな組織があった。日夜もなく情報を提供し、陰から支援するとりわけ重要な部門があった。



「航海保安」という文字が示すように、海務部運航課の中にあり、係長と主席の2名体制だった。これ自体は珍しくないが、そのキャラクターによるところが特筆ものだった。


画像



お二方とも旧制の商船学校(それぞれ弓削、鹿児島)出身、ほぼ同年輩の人格者だった。体調をくずされ航海士から転身らしいが、直接聞いたわけでなく定かで無かった。



運航課にはほかに業務、計画、配船係に船舶指令があり、ともに連絡船運航の第一線として、重要な役割を背負っていた。



航海保安では航路や港内に障害が無いか、桟橋関係から、漁業組合やフェリー会社との折衝、そして気象海象の収集等々まで広く活躍されていた。


画像



大方の船長や機関長よりも、年長かもしくは同年輩でありながら、誰に対しても低姿勢で物腰が柔らかく、若い人達からも一目置かれていた。



気象情報の収集に、危険品の取扱いや実績など相当なものがあった。特に台風接近や時化の時に、勤務時間など無いほど常駐の印象があった。これは誰も真似できないし、属人的なものだったのだろう。



また長い時代をよく観察、人や物を熟知され青函連絡船の歴史の、生き字引のようだった。もう10年ぐらいになるだろうか、この元係長から十和田丸の件で電話をいただいたが、私にそれ以上知っていることは無かったと思っている。


画像

             第22番目 幻の 第九青函丸



主席だった方は古里の九州に転居されたが、このような陰の尽力で青函連絡船の、安全運航が保たれたと感謝している。


画像


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

mukasinohito
2016年09月02日 16:02
「航海保安」この様な部署で黙々と尽力して下さる方々に支えられて連絡船の安全運航が守られた事良く判ります、本当に感謝ですね。 幻の第九青函丸と有ったのでどの様な事かと、不思議に思いネットで検索してみたら戦時中に函館回航中に座礁沈没とありました、しかも犠牲者も有ったのですね戦争で無ければこの様な犠牲は無かったと思われます、犠牲者のご冥福をお祈りいたします。
2016年09月03日 16:23
航海保安係のお二人は、異動もなく定位置だったのも、上の人からも相当に、頼りにされていたようでした。

第九青函丸は函館に着くことは、永久になかった悲劇の青函連絡船でした。

おっしゃるように戦争でなければ、こんなに陸岸の近くまで、避航する必要もなかったでしょう。

この記事へのトラックバック