青函連絡船の思い出と我が人生航路 569


     リニューアルから試運転へ



この度プロバイダーの大規模メンテナスにより、ブログの大リニューアルがあったが、具体的な点は未だ理解できず、これから取り組んでいきたい。


7月2日は長時間メンテナンスのため、公開の記事に対し、当然ながら対応できなかった。今後の記事は円滑に出せるか分からず、ひとつ一つ進めたいが、行き詰るかも知れず、テストを兼ねてみたい。


P7010783.JPG


当地の入梅は異常に遅い記録となったが、個人としても7月と言えば、昔から意外な出来事が多く、あまりよくない事が残り、良い思い出がかすんでいる。

長年続く懇親会があり、7人が集まり居酒屋から、スナックまで恒例のコースである。6人は大型船の船長を務め、ひとりは同じ機関長で、かつては7人の侍かも知れないが、現在では7人の○○と、例えもいろいろあろうか?

中には神戸北方でゴルフコンペの後に、高松まで約200kmを運転かけつけた強者と、松山から香川県西部の友人たちを拾っていく、活力と思いやりを備える1人のメンバーもいた。特筆は前回に続き、抗がん剤治療の合間をつき、参加には一同で舌を巻いた。

今年は青函連絡船船長会に出席し、日程の関係で同期会は欠席したが、それに準じるほど集まった。しかしその時に世話してくれた幹事へ、届かないので失礼している。

人の心のうちは正確に分からなくても、長い付き合いと歳を重ねるほどに、打ち込む姿と考え方から、本当に心のつながりを感じさせられる一日だった。

この記事へのコメント

mukasinohito
2019年07月08日 08:34
タフで心優しく気の置けない友人達との懇親会、楽しまれた様ですね。ブログのリニューアル本当に全面的で大変でしょう、読者としても画面が変わって少し戸惑っています。
towadamaru7
2019年07月13日 17:01
返信が遅れて申し訳ありません。
リニュアル後の設定が、うまくいかないので、直接問い合わせなどしております。
知人の方々も、前の方が見やすいと、言われる方々が多いです。
改良されよくなっているはずですから、いろいろ勉強してみたいと、考えて試行錯誤を続けております。
今後ともいろいろなご意見を、コメントいただき、ご指導をお願いいたします。